メインイメージ画像

いつ頃購入すべきか

仏壇に関することで、よく耳にする相談は、いつ頃購入すべきかなど購入時期についてであったり、どんな大きさや形がいいか、どの材質がいいのか等選び方の相談などですね。購入する時期は特別定められた時期というものはなく購入したいと思った時に行動に繋げれば良いようです。仏壇の選び方としてはまずは店へ赴き実物を見ながら店員の方から細かく話を聞くのが無難かも知れませんね。この際、親身になって真心のこもった助言をしてくれる店を選ぶと良いでしょう。

材質や工法、デザインやサイズ、宗派等によっても様々な種類がある仏壇ですが、大まかに分ければ金仏壇、唐木仏壇、そして家具調仏壇などに分けられます。金仏壇は全体に金箔が張り詰められた華やかで美しい黒塗りの仏壇で、比較的高額で工芸品として価値も高いようですね。唐木仏壇の特徴はその美しい木目で、またそれについては素材や工法によっても色合いが変わるため価格の幅がかなり広いと言えるでしょう。家具調仏壇というのは現代的な部屋にも合うようインテリア感が重視されています。

宗派によって、仏壇のご本尊が浄土宗、浄土真宗なら阿弥陀如来、曹洞宗、臨済宗であるなら釈迦如来、真言宗なら大日如来であったり、日蓮宗なら曼荼羅など違いがあるようで、脇尊にはさらに細かな形式があるようです。仏壇購入の際はできれば事前にネット上や専門の本、お店のスタッフに聞いてみたりして情報を確認しておくべきです。ちなみに浄土真宗の場合はお位牌は必須でなく、そして必ずしもそうというわけではありませんが金仏壇を選ぶ方が多いです。

更新情報