メインイメージ画像

いつ頃が適している?

仏壇関係の相談として、購入時期はいつ頃が適しているのですか?という内容のものがあるようです。一般的に身内に不幸があった時であったりお彼岸などの時期に合わせて購入する方がわりと多いようですが、実をいえば特にいつが良いなどのルールはありません。仏壇は室内版のお寺のようなもので、先祖様への日々のご報告や感謝の気持ちを表す場所ですので購入したいと思ったその時こそが最良の日でありある意味で購入時期と位置づけられるのかも知れません。

その宗派によって、仏壇のご本尊が浄土真宗、浄土宗であれば阿弥陀如来、曹洞宗、臨済宗であるなら釈迦如来、真言宗であるなら大日如来であったり、日蓮宗なら曼荼羅だったり違いがあり、脇尊にはさらに細かな形式があるようです。

仏壇を購入する際は事前にインターネット上や専門の本、店舗のスタッフに聞いてみたりして情報を知っておくと良いでしょう。ちなみに浄土真宗はお位牌は必要なく、そして必ずしもそうというわけではありませんが金仏壇を用いる場合が多いです。

工法、材質、デザインやサイズ、宗派などによっても様々な種別がある仏壇ですが、大きく分けると唐木仏壇、金仏壇、家具調仏壇に分けられます。

金仏壇というのは全体に金箔が張り詰められた華やかで美しい仏壇で、比較的高価で工芸品として価値も高いようです。唐木仏壇の個性はその美しい木目であり、またそれについては素材や工法によっても色合いが変わるため価格の幅はとても広いと言えるでしょう。家具調仏壇というのはどんな部屋にも合うようインテリア性が重要視されています。

更新情報